ユニファ UNIFA MEDICAL COMPANY

ニュースNEWS

※注意※安価、低周波パッドの危険性

 その他

~安価、低周波パッドの危険性のご説明~


今回は、低周波(ハイボルテージ)、干渉波、高周波EMSなどで

何かとコストが気になる、低周波パッドのお話です。


格安!!中国製低周波パッド30袋⇒単価300円~500円??

専用パッドに比べると安価な低周波パッドが気になる先生方へ

※安価パッドを使用してる場合のリスクをご説明します。

■リスク■

①火傷のリスク

②出力が上げられない(低周波独自の痛みが出る)

③最初だけ粘着がよく、持続しない(結果的に交換頻度が上がりコストアップ)

④メーカーの保証対象にならない


■リスクの解説■

①火傷のリスク

⇒低周波パッドの粘着面は、均一の出力が流れてるのか?
均一出力が流れていない商品はたくさん出回っています。
※均一出力を流すために、製造過程でのポイントがあるのです。
それを使用するとどうなるか?
出力を上げると1点集中することになり、その部分の火傷を引き起こす原因になります。

②出力が上げられない(低周波独自の痛みが出る)

⇒低周波パッドの粘着面は、均一の出力が流れてるのか?
均一出力が流れていない商品はたくさん出回っています。
※均一出力を流すための製造過程でのポイントがあるのです。
それを使用するとどうなるか?
出力を上げると1点集中することになり、その部分が電流が流れる痛みが発生
せっかく高周波EMSを使用して皮膚抵抗を軽減しているのに、全く意味がなくなる!
※低周波EMSを使っているのと変わらない効果となる!!

③最初だけ粘着がよく、持続しない(結果的に交換頻度が上がりコストアップ)

⇒安価パッドを購入された方は経験があると思います。
(1)1~3回程度で粘着が無くなる。
(2)粘着面のゲルが取れてくる
(3)粘着面が取れて、表面がボコボコになる
(4)販売元へ確認しても回答はこれだけ。
(表面に水を付けてください、バンドで巻いてください)

それをすると、ゲル面が剥げているところに直接肌が触れることになります。

④メーカーの保証対象にならない

⇒もしもの時(怪我)や(機器の故障)時に、メーカーは対応しません。
なぜなら、専用付属品を使用していないからです。
全責任は、先生もしくは安価パッドを販売している会社が負担をすることになります。

一度、販売元に責任を取ってくれるか確認をしてください!


1年間で掛かる経費削減はとても重要な経営手段ですが、よく考えてください!

(例)

年間1000袋購入しているとします。

正規品単価¥1,000-として 1,000袋×1,000円=¥1,000,000-


中国産パッド単価¥500円として ※正規品より半分の耐久性とします。

1,500袋×500円=¥¥750,000-

ここには追加で、

先生のご負担が以下の内容です。

◎多数の軽傷火傷のリスクが含まれます。

◎本来の機械特性が発揮できず、電気の痛みによる離反リスクがあります。

◎今まで通りの耐久性でパッドを使用して、無理やり長期間使用し、大火傷リスク。

◎メーカー保証が受けられない


年間25万円分の経費削減と追加されるリスクが、

先生方にとって、メリットと感じるか、デメリットと感じるかは先生方のご判断ですが、

先ずは、大切な患者様の安心安全を優先して、院経営をして頂きたいと願うばかりです。

※ご存じですか?病院で専用付属品を使用していない施設はありません!!


もしも、パッドなどでご質問等があればお気軽にお問い合わせください。



お問合せは下記、問合せフォームまたは、お電話からお願いします。☆

https://www.unifa-med.jp/contact/?m=reform

お電話によるお問合せは下記からお願いします。☆

TEL:092-558-1008

☆商品金額の確認は下記からお願いします。☆

https://unifa-med.jp/top/mypage/login.php





PAGE TOP